返済

キャッシングの返済は出来る限り前倒しすることが大切

キャッシングを利用した場合は、毎月の約定返済日までには必ず返済することが必要となります。期日までに返済が出来なければ、遅延損害金が発生したり、信用情報にキズが付いたりしてしまいます。その為、返済期日は必ず守ることが必要ですが、出来れば返済はどんどん前倒しで行っていきたいです。

キャッシングを利用すれば毎日金利が発生しています。金利は借入残高に対して発生していますので、借入残高が少ない方が金利負担も抑えることが出来ます。キャッシングでは毎月最低限支払わなければいけない約定返済額が設定されていますが、約定返済額以上でしたらいくらでも返済することが可能です。

の為、資金に余裕のある時には、約定返済と随時返済を併用して出来る限り多くの金額を返済するようにしたいです。

まとまった返済資金を準備することが出来れば、もちろん一括返済を行うことも可能です。ただし業者によっては元本のみの一括返済を認めている場合がありますので、元本のみを一括返済した場合は次回の約定返済日に完済日までの利息を支払うことが必要となります。返済方法を口座からの自動引き落しに設定している場合は、利息分の残高を残して置くことが必要となります。